らく2文書主任 HOME >> 特長 >> ながく使える

特長

標準機能で幅広い要望にお応えします。
これまでの文書管理システムは、文書管理業務に特化した効率化を目的としていました。
しかし、時代の流れとともに、自治体再編や各種業務のIT化が進み、単一業務の効率化だけでは、
利用者にとって十分満足のいくものではなくなってきました。
そのため、これからの文書管理システムには、複数システムとの親和性や、
利用者の多様化を見据えた全体最適化も求められています。
当社では、標準で様々な機能を実装することにより、幅広いお客様の要望にお応えできるシステムをご提供します。

みんなが使えるらくらく運用しっかり管理ながく使える

ながく使える

OSSへの対応

無償で利用できるOSSをプラットフォームとして採用することにより、低コスト化を実現しました。
また、特定ベンダーに縛られることなく、ハードウェア更改や仮想化によるサーバ統合が行えます。

OSSへの対応

最新技術「HTML5」+「CSS3」を採用

幅広いクライアント環境で動作を実現するため、最新技術「HTML5」+「CSS3」を採用しています。
これにより、PCだけではなくタブレットでも利用することができます。
また、Internet Explorer以外に、FirefoxやGoogle Chromeなどのブラウザでも利用することができます。

最新技術「HTML5」+「CSS3」を採用

他システム連携の実現

文書管理システムを他システムからでも利用できるように、汎用インターフェース(SOAP)を用意しました。
これにより、庁内全体の文書を一元的に管理できるため、各システムに文書が点在することなく、効率的な文書管理が行えます。

他システム連携の実現

複数団体で利用可能

団体情報を登録することにより、複数団体での利用を実現しました。
各団体の文書は、他団体からの参照はできないため、あたかも独立したシステムとしてご利用いただけます。
これにより、本庁とは別の出先機関でシステムを導入する場合や、複数の自治体で共同利用する場合も1つのシステムで対応できます。

複数団体で利用可能

  • みんなが使える
  • らくらく運用
  • しっかり管理
  • ながく使える
  • デモサイト利用申請

ページトップへ

ページトップへ